平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

更新情報

新国立劇場の飯守泰次郎監督フィナーレのカタリーナ・ワーグナー新演出の「フィデリオ」は、一部のオペラマニアの方の間では多少話題になっています。 いわゆる読み換え型で、「筋立て」にすら手を突っ込んでいますから。ドイツやオランダは社会派といいますか、「観光客向
『トイツ、オランダなどでの劇場経験が長かった飯守泰次郎監督らしい締めくくり新制作「フィデリオ」』の画像

東京平河町の北欧家具ショールームロゴバでのサロンコンサートシリーズ 平河町ミュージックスの第46回が本日開かれます。私自身は昨年で実行委員は退きましたが、シリーズはより充実した内容で継続されております。今回は山形交響楽団のトップ奏者による弦楽四重奏。第二ヴ
『本日はロゴバで山形響首席奏者による弦楽四重奏』の画像

平日の昼公演も普通になってまいりましたし、プレス公開GPなども加えれば、一日二箇所やダブルというのは日常茶飯事です。そのダブルが時間までかち合っていた場合は色々なやりかたはありますが、以前は「出席の返事はしたが、両方いかず」という荒業を使ったこともありまし
『日常茶飯事のダブルのなかでも今週末はなかなか。なかで実際に行くことにしたのは・・・・』の画像

佐渡裕とトーンキュンストラー管弦楽団のジャパンツアーが始まりました。今回のプログラムは以下の2つです。●プログラムA バーンスタイン:交響組曲「波止場」バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリーより「シンフォニック・ダンス」ショスタコーヴィチ:交響曲 第5
『佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団ジャパンツアー2018始まる』の画像

どういうわけか、ベートーヴェンの中期では、ヴァイオリン協奏曲とフィデリオが好きです。何十年も音楽に接していれば好き嫌いの変遷も激しいですが、フィデリオは珍しく最初から今に至るまで好きなのが変わりません。ですから、昨年ベルリンでのバレンボイムに続いて、今年
『新国立劇場 飯守泰次郎&カタリーナ・ワーグナーの「フィデリオ」』の画像

↑このページのトップヘ