平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

更新情報

来月の東京二期会はコンヴィチュニー演出の「魔弾の射手」。鬼才で、あちこちで喧嘩しているイメージのペーター・コンヴィチュニーだが、どういうわけか東京二期会では実に順当に数年おきにご登場。手堅い穏当派でも、こんなコンスタントにはいらっしゃらないだろう、という
『来月の東京二期会はコンヴィチュニー演出の「魔弾の射手」』の画像

ベッドサイドのオーディオ機器はスマートスピーカーのGoogleHomeで落ち着いています。例の話しかけると、色々と答えてくれるスピーカー。WiFi環境は必要で、最初にそこに入るための設定。やってしまえば15分位ですが、お嫌いな方はこのあたりが一番の難所でしょうか。まずは
『定着してきたスマートスピーカーのGoogleHome』の画像

あの手この手と開かれる、音楽会以外のプレトーク、アフタートーク、プレイベントの類だが、2018年7月3日に開かれる「東京フィル×天狼院書店 ビジネスパーソンのための教養としてのクラシック講座Vol 2〜丸山茂雄の『オーケストラ・ベスト10』〜」は「オッ!」という感じ
『東京フィル×天狼院書店 ビジネスパーソンのための教養としてのクラシック講座Vol 2〜丸山茂雄の「オーケストラ・ベスト10」』の画像

「フィデリオ」の興奮冷めやらぬ新国立劇場オペラの次の公演はプッチーニ「トスカ」で、これが飯守監督のフィナーレということになります。その本公演も楽しみですが、並行して行われる「高校生のためのオペラ鑑賞教室」も、この「トスカ」です。これは本公演と全く同じ原語
『本年度の新国立劇場「高校生のためのオペラ鑑賞教室」は「トスカ」』の画像

今月CSのクラシカ・ジャパンでプロコフィエフのピアノ・ソナタ全曲放送が行われています。ゲルギエフがミュンヘン・フィルのシェフになって本拠地のガスタイクで始まった「MPHIL 360°」というフェスティヴァルの一環。これは文字通りジャンルや時代も超えた多彩なプログラム
『セルゲイ・レーディキン によるプロコフィエフピアノ・ソナタ第8番、9番の映像』の画像

↑このページのトップヘ