平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

更新情報

オペラシティプロデューサー澤橋淳さんゲストの最終回は、まずは今年のコンポージアムの主人公一柳慧さんから。傘寿もとうに越えて、交響曲は10曲になり、ご自身の名を冠された音楽賞も始めて・・・と、まさに功成り名遂げた一柳先生。それからもちろん没後20年ですから
『澤橋淳さんゲストの最終回は大家巨匠の先生方の作品で』の画像

本日のロゴバでの平河町ミュージックスは、ゴールドベルク変奏曲の弦楽トリオバージョンです。演奏はチューリッヒ在住でソロ、室内楽、コンサートオケ、歌劇場オケ、現代音楽アンサンブルと多様な経験を持つ藤田容子さんがヴァイオリン。ドイツのマンハイムで教授職を持ち、
『藤田容子、小林秀子、カティ・ライティネンでゴールドベルクや藤倉大作品』の画像

ミュージックバード・クラシックチャンネルでは2月の武満徹に続いて3月はブーレーズの特集が放送されます。以下、ミュージックバード様よりお送りいただいた資料からです。///////2016年1月5日、フランスの作曲家、指揮者のピエール・ブーレーズが90歳で亡くなりました。ブー
『20世紀最後の巨星、ピエール・ブーレーズ追悼特番 透徹した作曲美学を語り尽くし、指揮活動を聴く24時間』の画像

本日のラジオは、東京オペラシティプロデューサー澤橋淳さんの2週目。看板シリーズのB→Cからは、サックスの上野さん。澤橋さんお得意のラテン物はピアソラ、小松さんなどのアルバムから入念に。来シーズンでバッハコレギウムがミサ・ソレムニスをおやりになるそうで最後はそ
『B→Cから上野さん、ピアソラ小松さんは入念に』の画像

さて、その新国立劇場のヤナーチェク「イェヌーファ」プレス公開ゲネプロに行ってきました。大丈夫。素晴らしいプロダクションです。前評判に違わぬ舞台で、ベルリン・ドイツ・オペラ云々とかの理屈抜きにヤナーチェクの魂ふるわされる音楽を存分に味わえます。現役盛りのイ
『前評判に違わぬ新国立劇場のヤナーチェク「イェヌーファ」』の画像

↑このページのトップヘ