平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

更新情報

昨晩はオペラシティでの東京フィルでした。(昨今は「東京フィル」が正式略称で、「東フィル」と言うとご指導をいただきます。)指揮者が1987年生まれのバッティストーニ、ソリストは更に若い1994年生まれの反田恭平。そのせいか満員の客席もいつもより平均年齢が低く若々し
『ステージと客席のエネルギー交感があったバッティストーニ&反田恭平』の画像

萩京子さんの最終回は、このジャンルのご先祖様のような「三文オペラ」と林光さんの代表作の一つ「変身」です。林光さんの「変身」はプラハを含むヨーロッパ・ツアーまで行われました。こういうとんでもないことは、財政的に苦しい団体ほどおやりになるようです。それをバネ
『ご先祖様のような「三文オペラ」と林光さんの代表作』の画像

昨日もサントリーホールで山田和樹指揮の日本フィルでした。サントリーホールと日本フィル共同企画「日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン」の第2弾「歌舞伎×オーケストラ」というやつです。これはオーケストラが他ジャンルと取り組むシリーズで第1弾がミ
『連続してヤマカズ この日は「歌舞伎×オーケストラ」』の画像

グーグルプレイミュージックが始まりましたね。アップルミュージより前から日本以外ではメジャーなサービスで、聴き放題サービスとしては本命に思われていました。なんせ無料で何十万曲も聞けるということで。日本でもすぐにでも使えるのかと思って待っていましたが、ずっと
『待たされ過ぎたグーグルプレイミュージックだが』の画像

そのヤマカズ日フィル&上野耕平本番の日はダブルヘッダーで昼は東京六本木、俳優座でのこんにゃく座「魔笛」のゲネプロにお邪魔してきました。いつもは萩京子や林光他の創作オペラをやっているこんにゃく座ですが、モーツァルトだけは例外なのか「フィガロの結婚」や「魔笛
『保証付きのメンバーで、やはり面白いこんにゃく座「魔笛」』の画像

↑このページのトップヘ