平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

更新情報

私がレギュラーでやらせてもらっている有料ラジオミュージックバードの「プロデューサーの部屋」ですが、ゲストの方々はなるべく「腕一本で生き延びてきた方」をお招きしたいと思っています。現実には、クラシックファン全体も、ましてやラジオの専門番組のリスナーも年齢的
『生き延びてきた愛さん』の画像

昨晩はパリのまるっこいラジオ・フランスのオーディトリアムで、トリスタン・ミュライユのピアノ協奏曲Le Désenchantement du mondeのフランス初演に行ってきました。ピアノはピエール=ロラン・エマール。ここは何と言ってもホールが好きです。感覚的には真ん中のステージ
『まるっこいラジオ・フランスでエマール』の画像

基本的にはマイレッジにはこだわりません。以前はムキになって貯めていた時期もありましたが。一都市だけの往復ならともかく、複数の街を回ったりするときには、そこでの乗り継ぎの良否がとても大きいです。ギリギリ過ぎず、待ち時間も多過ぎず。となると飛行機会社にこだわ
『マイレッジにはこだわらないが・・・・』の画像

その、音楽業界には意外に多いケルン一派の方々ですが、ケルンという街に対しては概してポジティブな印象を述べておられます。そりゃ、一時期ご縁があれば確かに好意を持つのも当然ですが、「もう真っ平」そこまで言わなくても「もういいです」と言われる比率は随分と少ない
『地味にいいのがケルン風?』の画像

ケルンオペラ、ウェーバー「魔弾の射手」に行ってきました。と行っても正規のオペラハウスは工事中で、ライン河岸 amDomと呼ばれる仮設劇場です。仮設も色々ありますが、ここのはまあ、なんと言いましょうか仮設らしい仮設。まあ、あまり豪華なのより、そういう方が合理的と
『ケルン仮設らしい仮設のオペラハウス』の画像

↑このページのトップヘ