平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

2015年04月

その兵庫芸術文化センター管弦楽団は震災を契機に活動が始まったオーケストラでもありますが、その兵庫PACオーケストラもあっという間に10シーズン目を迎えます。震災後10年で定期演奏会が始まりましたから、震災20年、定期開始10周年ということになりますね。ラインアップを
『豪華!兵庫PACオーケストラ 2015-16ラインアップ』の画像

先週末は西宮の兵庫芸術文化センターで同PACオーケストラの定期を拝見してきました。佐渡裕監督指揮でピアノソリストはエフゲニ・ボジャノフ。ウェーバー/ベルリオーズ「舞踏への勧誘」、ショパンの第2ピアノ協奏曲、そしてブラームスの交響曲第2番です。まあ、典型的なオー
『それとなくトータルの到達度、PAC定期』の画像

富士河口湖町で、ステラシアターを中心に毎夏音楽祭をやっている野沢藤司さんの2週目。音楽祭だけで十分に大変なはずですが、今年はさらに9月にメルビッシュ湖上音楽祭の喜歌劇「こうもり」を招聘しています。東京公演がなくて、単独招聘に近いようで力の入れ方も分かります
『音楽祭直後に湖上オペラ招聘?!』の画像

行ってきましたオペラパレスのヴェルディ「運命の力」。主役のコンビのレオノーラ(ソプラノ)とアルヴァーロ(テノール)は通常は極めて劇的、ドラマティックな役とされていますが今回のアプローチはちょっと違うように思えました。レオノーラ役のイアーノ・タマーは大柄で
『やはり、さすがのケテワン・ケモクリーゼ』の画像

本日のラジオゲストは、河口湖畔で音楽祭を仕切っている野沢藤司(のざわ・とうじ)さん。佐渡裕を招いて音楽祭をやる、などとは誰でもが考えつきそうです。何かを始めるときにテレビの人気者をまず思いつくのは当たり前でしょう。その中で実際それが始まり長続きしているの
『小さな町に3000席の半野外劇場(可動屋根付)』の画像

↑このページのトップヘ