平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

2015年10月

今週の「プロデューサーの部屋」は先週の続きで、2015年5月収録のウィーン便り後半です。この10月の就任記念に先立って、佐渡裕&辻井伸行がトーンキュンストラー管弦楽団と共演した定期演奏会の楽屋から。辻井伸行さんご本人のお話では、ペテレンコ、ゲルギエフ、アシュケナ
『辻井伸行や職場ウィーン国立歌劇場に日夜通っている人のお話』の画像

佐渡トーンキュンストラーの翌日は、ちょうどウィーンに来ていたリッカルド・シャイー&ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のムジークフェライン公演を拝見しました。シュトラウスの「ドン・ファン」と「英雄の生涯」その間にルプーのソロでモーツァルトの21番ハ長調のピ
『ネルソンス移行直前のゲヴァントハウスを拝聴』の画像

そして、いよいよムジークフェラインでの佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団の10月4日の本番です。彼らは10月1日に既に1回やっていてこの会場での2回め。日曜でしたので午後3時半からのマチネー。その前の午前11時からの公演では例のエマール&ウィーン響のベートーヴェ
『「ムジークフェラインの特別さ」が生かされた曲目、楽器、演奏』の画像

佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団のグラフェネッグ オーディトリアム公演に行ってきました。同コンビにとっては初日のムジークフェラインに続く2日目の公演です。初日の模様は日本でもNHKのニュースとか大分長い時間、流れていたようですね。グラフェネッグは例の広大な
『稀有のグラフェネッグのハード、ソフトを使いながら』の画像

佐渡裕のトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督就任記念の定期演奏会がいよいよ始まりました。このオーケストラの定期はウィーンのムジークフェラインで複数回やって、更に近郊のザンクト・ペルテンや音楽祭で有名になってきたグラフェネッグでも行われる、という恵まれた環
『聴く人は聴いていた佐渡裕の古典派』の画像

↑このページのトップヘ