平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

2016年03月

ナイディックさんは、私と同じ1953年生まれ。どうしたって同年生まれのことは気にもなったり、親近感を持ちます。「疲れが出てきたなー」とか、で済んでいるうちはいいですが、北の湖理事長のようなことも増えてくるわけです。ゲルギエフ、シャイー、チョン・ミョンフン
『チャールズ・ナイディック、ゲルギエフ、シャイー、チョン・ミョンフン、西村朗、吉松隆』の画像

今週末は御喜美江 アコーディオン・ワークス2016『春・新しい世界へ』です。もう何回目か数えきれないくらいやっておられる、御喜美江さんの年1回のリサイタルシリーズ「アコーディオンワークス」。今回は「新しい世界へ」と副題がついていますが、御喜さんはバッハとピアソ
『今週末は御喜美江 アコーディオン・ワークス2016 『春・新しい世界へ』』の画像

2016年3月の新国立劇場は、イェヌーファの後ろの方と重なってサロメが始まりました。複数の演目の上演時期が重なるのはふつうのことですが、今回注目されたのはハンナ・シュヴァルツの両方への出演です。そもそも70歳をとうに越えている彼女がイェヌーファの「ブリヤ家の女主
『昨日イェヌーファ、今日サロメ。それを3回くりかえした超ベテラン歌手』の画像

いくら有料専門チャンネルラジオという特殊な媒体とはいえ、一番組4時間というのは、毎度あきれられていました。それが一人のゲストにつき2回とか3回続くわけですから、アコーディオンの御喜美江さんとかに「成田からヨーロッパまで聴いてったけど、到着してもまだ終わってな
『4時間番組としての最後のゲストはチャールズ・ナイディック』の画像

3月5日の日フィル定期は広上淳一指揮で「運命」「未完成」それに久しぶりの日フィルシリーズ新作委嘱で尾高惇忠(おたか・あつただ)ピアノ協奏曲の初演、そのピアノソロは野田清隆という内容でした。尾高惇忠先生は、渋沢栄一、尾高尚忠、尾高忠明と連なるご家系、師事した
『久しぶりの日本フィル新作シリーズは広上指揮で尾高惇忠作品』の画像

↑このページのトップヘ