そのマウスコンピュータのデスクトップPCと組合わせて使っているのがLogicoolのワイヤレスキーボードとマウスです。キーボードは、特にこだわりはなくて普通の目についたもの。


マウスの方は、大こだわりで、紆余曲折を経てこれにたどり着きました。
_SL1500_
昔は、もちろんワイヤー付きで使っていて、ぼちぼちと周りでワイヤレスを見かけることがあっても、やはり「なんやかんや言ってもワイヤー付きほどの安定感は無かろう」と保守的にかまえていました。

ある時、ポイントかなんかがたまって、実験的にワイヤレスを使ってみましたらなかなか良い。こちらはやせ細った非力な腕なので、小型軽量を選んでいました。

そもそもカーソルを動かすにはマウス、トラックボール、タッチ等色々ありますが、どれを試しても結局マウスに戻ってしまいます。

歳のせいかとは思いますが、ゲーム専用のマウスなどが多種類でていますから、そうとばかりも言えないのかもしれません。

そこでちょっとお高いですが、玄人筋に評判の良い上記m950tをエイヤッと買ってみました。来てみて驚いた。大きくて重くて、まるでガマガエル。

腕力の訓練以外に使い道は無さそう、と思いすぐに返品方法を確かめ始めました。ところがそういう時に限ってパッケージは力づくて破って開けたりしてしまっています。

これで返品は無理か、とあきらめて泣く泣く使い始めました。シンプルに普通にクリック出来るだけでいいのに、ボタンも9つもついています。

腹をくくってそのボタンへの機能割り振りもきっちりやって、ダメ元で遊び始めました。

まあ、その後はご想像の通りで、3日くらいしたら「他の安物を使っている奴はバカだ」と言わんばかりの傲慢さで人に自慢しまくりました。

今のところはその考えに変わりはありません。

マウスにご不満のある方は、騙されたと思ってこれをお試しください。

感覚的なことなので、理屈を書いてもしょうがなくて、要するに全く手に馴染み、一体となって働いてくれます。

ちなみに私は以下のマウスパッドを使っていますが、これは特にこだわりはありません。ありませんが、ずっと使っていますから、これも合っているのでしょう。
_SL1280_