本日午後7時から、東京平河町のロゴバという北欧家具ショールームでアコーディオンの大田智美さんのソロの回があります。同所で行われている平河町ミュージックスというサロンコンサートシリーズの第31回目。
DSCN0864
サントリーホールなども設計している安井建築設計事務所の自社ビルの1-2階部分のテナントがロゴバで、同設計事務所の佐野吉彦社長が自ら実行委員長となって、そのロゴバでのコンサートシリーズをやっている、というわけです。

専用スペースではなく、ピアノもなく、というところを逆手にとって、それならピアノ伴奏のポピュラー小品というサロンコンサートのメインルートははずれて、「普段できないことをどうぞご自由に」と出演諸氏にお願いして、折り合った内容がすでに30回。

入場料¥2500で100名足らずで、その範囲のバジェットで、という地味なスケールが良かったのか、あるいはよほど普段は「ご自由に」という会ができないのか。

ともかく今回がその31回めで、作曲家野村誠さんの作品のみでプログラムが構成されています。

野村さんのように国際的に著名な方でも、なかなかその作品だけで(つまり現代作品だけ、ということになります)というのは珍しく、太田智美さんとしても念願の初チャレンジのようです。

ロゴバの売り物の北欧高級椅子に身をあずけながら、野村ワールドに浸り、「訳がわからない」と思ったら終演後のワインパーティーで作曲者や演奏者に直接聞いてみる、という地味なシリーズの割には贅沢なようなことも可能です。

春、秋3回づつ開かれています。間に合う方は本日(当日券有り)、間に合わない方は後日どうぞ。
DSCN0857