本日がその「プロデューサーの部屋 第200回」。下記番組表を細かく見ていただくと最初の音楽の登場が18時28分なのが分かります。

つまり頭の28分間は延々とおしゃべり。30分番組まるまる1本分。イヤ普通の30分番組はCMだのジングルだの色々あってですから、中身のトークはせいぜい10分として3本分ですか。

ミュージックバードジャズチャンネルでは寺島靖国先生の超長寿番組のPCMジャズ喫茶アーカイブで、ヤスケンさんと延々と某ノーベル賞候補作家のことをしゃべっていたりして、それに比べれば質量共に可愛らしいものですが、まあ、それにしても、私レベルの器では思い切っているつもりです。

話しているのは作曲家山本直純(なおずみ)さんのこと。作曲家山本純ノ介先生やチェリスト山本祐ノ介さんのお父君ですね。

岩永直也さんは、「山本直純のマネジャー募集」という記事をみてこの業界に入られました。岩永さんはすぐに恩師声楽の五十嵐喜芳先生に「山本直純さんのマネジャーに応募しました」とご報告されたそうです。先生のお返事はもちろんただ一言「やめろ!!」。
image5
それからの波乱の数十年ですから、30分ですら語り尽くせるわけはありません。ラジオ番組としては異様ですが、後世の山本直純研究家の方にとっては、この岩永さんのご発言録音は貴重な歴史的資料だと思います。

////////

東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2015年5月30日(土) 18:00 
プロデューサーの部屋  第200回

破天荒な音楽家とともに(後篇)>出演:平井洋、ゲスト:岩永直也(ミリオンコンサート協会) 

18:28
・ベートーヴェン(山本直純編)/交響曲第45番「宿命」 山本直純指揮日本フィルハーモニー交響楽団 68、67年ライヴ録音コロムビア
COCQ-83645~46

・プロコフィエフ「ピーターと狼」前口上
(42'26") 古今亭志ん朝(Na) 68、67年ライヴ録音コロムビア
COCQ-83645~46

19:16
・L・E・バカロフ/イル・ポスティーノ 福田進一(G) 京石弘司(Band) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・マンシーニ/ひまわり 福田進一(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ガルデル/想いのとどく日 福田進一(G) 須川展也(Sax) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ガーシュウィン/魅惑のリズム 福田進一(G) エドゥアルド・フェルナンデス(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・坂本龍一/ラストエンペラー 福田進一(G) 姜小青(古箏) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ブローウェル/11月のある日 福田進一(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ブラウン/雨に唄えば 福田進一(G) エドゥアルド・フェルナンデス(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・バローゾ/ブラジル
・S・アサド/「夏の庭」より さようなら
・S・アサド/「夏の庭」より 思い出 福田進一(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・J・ウィリアムズ/シンドラーのリスト 福田進一(G) 加藤知子(Vn) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ガーシュウィン/ライザ 福田進一(G) エドゥアルド・フェルナンデス(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・ピアソラ/忘却(オブリヴィオン) 福田進一(G) 和谷泰扶(Hca) 01年録音DENON/
OCQ-83575
・チャップリン/エターナリー
(52'05") 福田進一(G) 01年録音DENON/
OCQ-83575

20:13
・バッハ(松原勝也編)/ゴルトベルク変奏曲[弦楽五重奏版](76'28") 松原勝也(Vn) 
山﨑貴子(Vn) 
柳瀬省太(Vla) 
菊池知也(Vc) 
吉田秀(Cb) 12年録音ライヴノーツ/WWCC-7724

21:46
・ブラームス/ピアノ五重奏曲ヘ短調 Op34より 近藤嘉宏(P) クァルテット・エクセルシオ 15年 5月新譜