ここしばらくフランクフルト話が続いていますが、その後はウィーンに回って佐渡裕さんのトーンキュンストラー就任記念の定期公演の模様をお知らせすることになっています。

今週のミュージックバードのラジオはそれとも関連して、この5月に先立ってプレで登場した時のレポート番組が放送されます。その時のソリストは辻井伸行さんでプロコフィエフの3番、その前後で「牧神の午後への前奏曲」とベートーヴェンの第7交響曲というプログラムでした。
DSC04735
今週はそれをとりまとめた土橋和之さんと佐渡裕さんご本人のインタビューと関連アルバムです。

土橋さんとはムジークフェラインの楽屋で、佐渡さんとはトーンキュンストラー管の事務局のあるザンクト・ペルテンでの本番直後の楽屋でのインタビューです。

いつものスタジオからのお話とは大分違う空気が漂っていてその興奮をお聴きいただく皆様とも共有できるといいのですが。
DSC04541
今回流される佐渡さんの運命のディスクはすごい名演です。今時めずらしい運命未完成のカップリングですが、これは掛け値なしの名盤でしょう。なんでウィーンのオーケストラが定期公演1回の指揮だけで彼をシェフに招くことに決めたのか、それがわかる演奏です。ベルリンのイエスキリスト教会でのベルリンドイツ交響楽団とのセッション録音です。
17_1105_04

//////////////
東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2015年10月3日(土) 18:00 
プロデューサーの部屋  第218回
<平井洋のウィーン便り(前篇)> 出演:平井洋、インタビュー出演:土橋和之、佐渡裕 
18:16
・ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 Op92
(41'30") 佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団 11年ライヴ録音AVEX/AVCL-25760

19:12
・モーツァルト/ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K503
・同/同 第23番イ長調 K488
(55'55") ルドルフ・ブッフビンダー(Fp)、ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 12年録音SONY/SICC-30115

20:20
・ブラームス/交響曲第4番ホ短調 Op98
(38'50") アンドレス・オロスコ・エストラーダ指揮トーン・キュンストラー管弦楽団 14年録音OEHMS/OC-1813(3)

21:08
・ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調 Op67「運命」
(34'00") 佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団 14年 AVEX/AVCL-25862
・ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 Op92より(リハーサル) 佐渡裕指揮トーン・キュンストラー管弦楽団 現地録音