藤田容子さんはスイスにいるヴァイオリニストです。カーチス音楽院出身で、その後はバンベルク響の首席をやったり、ソロや室内楽やら多彩にやっておられます。シトコヴェツキーがやったのゴールドベルク変奏曲弦楽版の主要メンバーとか。
DSC05403
元スイスロマンド管のチェリストであるタナー氏と結婚して今はスイスご在住。ヴィクトリア・ムローヴァとかお友達も聞いたような名前がたくさん。

そのバンベルク時代に日本公演で実際に藤田さんも弾いたヨッフムのブルックナーの8番はライブアルバムの名盤として今も現役ですからそれを。

我々日本のクラシックファンから見れば、それだけでも随分立派なお仕事だと思いますが、ご本人からすれば・・・・

カーチス音楽院はフィラデルフィアの小さな学校で私塾のような雰囲気もありますから卒業後も相互の関係性はわりと深いようです。フィラデルフィア管弦楽団とも、もちろん浅からぬ関係。

OG藤田さんからみても、やはりヤニックは有望株のようです。

ご自身のアルバムはシューベルトの幻想曲とビオラに持ち替えてのアルペジョーネ他ですが、結構弾くのは大変そうなプログラムですね。

//////////////////

東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2015年10月17日(土) 18:00 
プロデューサーの部屋  第220回
<ヴァイオリニストの変奏曲(Vol.1)>
出演:平井洋、ゲスト:藤田容子(ヴァイオリニスト) 

18:08
【愛と幻想のシューベルト】
・シューベルト/ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 D934
・エルガー/愛の挨拶 藤田容子(Vn) 雄倉恵子(P) 
・コレルリ/ラ・フォリア 藤田容子(Vn) 雄倉恵子(Cemb)、安田謙一郎(Vc) 
・タナー/独奏ヴァイオリンのためのカプリッチョ 藤田容子(Vn) 
・シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ D821
(75'25") 藤田容子(Vla) 雄倉恵子(P) 91年録音AEOLUS/OACD-1

19:34
・ストラヴィンスキー/バレエ「春の祭典」
・バッハ(ストコフスキー編)/トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
・バッハ(ストコフスキー編)/フーガ ト短調 BWV578
(47'00") ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団 13年録音DG/UCCG-1652

20:29
・ブルックナー/交響曲第8番ハ短調
(81'30") オイゲン・ヨッフム指揮バンベルク交響楽団 82年ライヴ録音ALTUS/ALT022/3

21:53
・タナー/GLOEBLI Auge der Liebe(Violine)
・タナー/Nina 藤田容子(Vn)他 自主音源
・タナー/Cello Symphony ラファエル・タナー(Vc)他 自主音源
・タナー/In the Mountains 藤田容子(Vn)他 自主音源
・タナー/Get Goingより シンセサイザー 自主音源