藤田容子さんの2周目。まずご自身のアルバムは日本録音のギター福田進一さんとのデュオアルバム。福田さんは本当に多彩に色々な方と共演のアルバムが有りますけど、これなどは知られざる名盤の方でしょう。ギターとヴァイオリンのレパートリーを探している方にも参考になりそうなアルバムです。

日本の現代作曲家権代敦彦さんの作品は逆にヨーロッパ録音。ヨーロッパのアンサンブルが権代敦彦さんに委嘱したもので、権代さんの国際的な名声がうかがわれます。

ゴールドベルク変奏曲の弦楽バージョンは様々な方がアプローチしていますが、そのなかでシトコヴェツキーのものはかなり有名です。アメリカではクラシックのチャートに入ったこともあるくらい。

藤田容子さんはシトコヴェツキーの長年の友人で、そのアンサンブルの主要メンバーでもあります。

とはいえ、一人でも弾けるゴールドベルクを手分けして、一人は一声部だけ弾くのは、本当は退屈しないか?というのが長年の疑問でした。

で、いよいよきいてみたところの藤田さんのお答え。「全然。何度弾いても飽きないし面白い。そのたびに新しい発見もあるし。」

やはりきいてみるものですね。藤田さんは来春日本でも弦楽トリオ版でステージに出すそうで、近くなったら小欄でもお知らせいたします。

後はやはり長年のお友達のヴィクトリア・ムローヴァなど。元アバド夫人のムローヴァですから、アバドのことなども、ついきいてみたくなりますね。
DSC05410

//////////////////

東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2015年10月24日(土) 18:00 
プロデューサーの部屋  第221回
<ヴァイオリニストの変奏曲(Vol.2)>
出演:平井洋、ゲスト:藤田容子(ヴァイオリニスト) 

18:05
【ヴァイオリンとギターのための二重奏曲集】
・ジュリアーニ/ヴァイオリンとギターのための変奏曲Op24a
・パガニーニ(デュアルテ編)/チェントーネ・ディ・ソナタ第4番イ長調
・同(同)/チェントーネ・ディ・ソナタ第3番ニ長調
・ファリャ(コハンスキー&徳武正和編)/スペイン民謡組曲より「ムーア人の織物」
・同(同)/同 「子守唄」
・同(同)/同 「歌」
・同(同)/同 「ポロ」
・同(同)/同 「アストゥリアス地方の歌」
・同(同)/同 「ホタ」
(49'40") 藤田容子(Vn) 福田進一(G) 92年録音AEOLUS/ACCD-S105

19:03
・権代敦彦/クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノのための「五色散華」
(9'00") アンサンブル・テアター・アム・グライス  自主音源

19:19
・バッハ/ゴルトベルク変奏曲BWV988(弦楽合奏版)
(60'00") ニュー・ヨーロピアン・ストリングス 93年録音Nonesuch/WPCS-5004
20時台 20:33
・バッハ/ゴルトベルク変奏曲BWV988(弦楽三重奏版)
(47'00") ドミトリ・シトコヴェツキー(Vn) ユーリ・ジスリン(Vla) ルイジ・ピオヴァーノ(Vc) 12年録音NIMBUS/NI6199

21:16
【The Peasant Girl】
・デュオウード(バーリー編)/ネディムのために
・ジョン・ルイス/ブラッチ(バーリー編)/ジャンゴ
・バーリー/ユーラ 
ヴィクトリア・ムローヴァ(Vn) マシュー・バーリー・アンサンブル 11年録音ONYX/ONYX-4070

21:39
・ビーバー/「ロザリオのソナタ」より マヤ・ハンバーガー(Vn) カメラータ・キルケニー 06年録音Maya/MCD0603