本日がミュージックバードの当番組の4時間番組としての最終回です。来週からはいよいよ2時間番組。

4時間番組だと、メインは1枚まるごとかけられるCDで、結構珍しい物や、当該演奏者が詳細にききどころを解説してくれているものを含めて、保存コンテントとしては貴重なものもあったでしょう。

iTunesなり再生ソフトに入れてしまえば、音源は買ったCDだろうが、テスト盤だろうが、ダウンロードファイルだろうが、録音したデジタルデータだろうが、2-3日すれば忘れていますものね。

そういうことが減る代わりに2時間番組ですと、音楽は小曲1曲とか一つの楽章を抜き出すことが中心となり、トークの流れはよくなります。つまり一つの番組として聴き通していただける可能性は増える・・・・はずです。

当然、足元にも遠く及びませんが、ミュージックバードジャズチェンネルの看板番組、寺島靖国先生の「ジャズ喫茶MusicBird」に形だけは、やや近づけることになり光栄です。

その4時間番組の最後らしく、さすがにナイディック先生は保存に値するディスクを選定してくださっています。

理想的な同楽器音楽家コンビの文子夫人のサポートぶりも何らかのご参考になるかもしれません。
DSC06406

東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2016年3月26日(土) 18:00 
プロデューサーの部屋  第243回

<雄弁に語る音楽Vol.3~世界的クラリネット奏者、ナイディック登場!> 出演:平井洋、ゲスト:チャールズ・ナイディック(Cl)、通訳:大島文子(Cl) 

18:08
・シューベルト/弦楽五重奏曲ハ長調 D956
(44'50") プロ・アルテ弦楽四重奏団 アンソニー・ピニ(Vc) 35年モノーラル録音BiddulphLAB093

19:06
・G・ザルトリウス編/モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」によるハルモニームジーク
・ロッシーニ/ハルモニームジーク(五重奏曲)ヘ長調
・W・ゼトラック編/ロッシーニの歌劇「セビリャの理髪師」によるハルモニームジーク
(68'05") モッツァフィアート  チャールズ・ナイディック(Cl) 大島文子(Cl) 92&93年録音SONYSRCR-9429

20:23
・メシアン/世の終わりのための四重奏曲
(53'23") フィリップ・グラフィン(Vn) チャールズ・ナイディック(Cl) パスカル・ドゥヴァイヨン(P) コリン・カー(Vc) 05年録音COBRACOBRA0014

21:36
・シェーンベルク/木管五重奏曲 Op26より ニューヨーク木管五重奏団 04年録音NAXOS8.557526