日本センチュリー交響楽団事務局柿塚拓真(かきつか・たくま)さんの最終週3週目です。前週までで職務のお話は一段落したので、なるべく個人的にお好きなもののお話をしていただきました。
Pの部屋160216-3(柿塚様)
その結果出てきたのが、アイヴズ/交響曲「ニューイングランドの祝日」とヴィラ=ロボス/ブラジル風のバッハ第2番 。

アイヴズのシンフォニーとブラジル風バッハというのは、ありえそうですが、その中でのご選択がなかなかユニークで素晴らしいですね。

このあたりに目配りできていて、本当にお好きという方がでてくるとオーケストラの未来もあるような気になります。

最後の2曲は職務に戻って同オーケストラとも関係の深い曲。ちゃんと東京出張の格好もつけて無事終了です。

////////////////

東京FM コミュニケーションズグループ  音楽専用・衛星デジタルラジオ "ミュージックバード"
2016年4月30日(土) 10:00 
プロデューサーの部屋  第248回
<地域と繋がるオーケストラVol.3> 出演:平井洋 ゲスト:柿塚拓真 

・アイヴズ/交響曲「ニューイングランドの祝日」
(41'51") レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック カメラータ・シンガーズ 63~68年録音SONYSICC 1605

・ヴィラ=ロボス/ブラジル風のバッハ第2番 
(21'40") ヘスス・ロペス=コボス指揮シンシナティ交響楽団 95年録音テラークCD-80393

・ラフマニノフ/交響的舞曲 Op45より 第3楽章 
(35'52") サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 10年録音ワーナーWPCS-12615

・メンデルスゾーン/交響曲第5番ニ短調 Op107「宗教改革」 より