ワーグナーが一段落しましたが、昨日のバッティストーニ&東京フィルの定期も、マスカーニ/歌劇『イリス(あやめ)』も演奏会形式全曲で、なかなかの大物でした。
 DSC04456
日フィルのインキネンに続いて、ポジションを持った若手が演奏会形式のオペラを積極的に取り上げています。

この後もインキネンは「ラインの黄金」、バッティストーニは「オテロ」(両方共全曲)というのですから、随分力が入っています。

演奏会形式とは言えオペラですから、オーケストラの定期でやると歌手の影に隠れるのではないか、と思うのは大間違いで、オペラ公演だとピットの中に入ってみることの出来ないオーケストレーションが眼前に展開されて、歌と楽器のつながりが分かったり、分からないまでもなんとなく感じたり、面白いものです。

指揮者もピット内でも多少は見えますが、全身見えれば全く違います。それが目的の指揮者もいるでしょうが、インキネンやバッティストーニは作品優先でそんなこともなく、結果的にその全身を見ているのが一番音楽を感じられる、といったところでしょうか。

最近は演奏会形式でも、ちょっとした演出はついて、その差も随分あります。どんなちょっとしたことでも優劣は有って、ほんのささいなことが全く邪魔、ということもありますしね。

いわゆる演出家がいない分、指揮者の発言権が大きいでしょうから、その指揮者の理解度やセンスが益々顕になります。

インキネンやバッティストーニは「さすが」となりますから、指揮者としても主催するオーケストラとしても、やはり「この手はある」ということでしょう。

イリスのレポートはnoteに書きました。)