大晦日は、デスクの前にいる時はスポティファイで「Yu Kosuge」とキーワードを入れて、その全体をシャッフルしてずっと流しています。

あることを調べるために、このキーワードを入れたのですが、快適でそのままずっと流しっぱなしです。

もちろん小菅さんの演奏がいいのですが、ベートーヴェンがガバッとあって、時々シューマン、ショパンそして武満などが出てくるのもちょうどいい。

ベートーヴェンのソナタ全曲を片端から聴いていく気力はとてもありませんし、元々そのファンというわけでもありません。遅い楽章はきれいだとは思いますが、速い楽章は似てるし、力づくの真面目な音楽が延々と続く感じで。
037
ところが、こうやってシャッフルして一つ一つバラバラに出てくると、どの曲も圧倒的で「こんなにいい曲だったんだ」と今更ながらに思ってしまいます。

でもやはり、長い時間かけっぱなしにして飽きないのは、やはり小菅さんの音楽のチカラですね。

まさかこんな風に大晦日を過ごすとは思いませんでした。

それから、あるアーティストの全体的イメージを掴みたければスポティファイでアーティスト名だけで検索してその全体を流すのはお薦めです。

本年も、眺めに来ていただき、ありがとうございました。
皆様良いお年をお迎えください。