4月12日から16日まで、新宿の全労済ホール/スペース・ゼロこんにゃく座の新作公演が行われている。今回は約1時間の短編『タング―まほうをかけられた舌―』。安房直子が書いた原作を、朝比奈尚行が脚色し、作曲萩京子、演出大石哲史でオペラ化されたもの。

本編だけでは短いので、最初に10曲弱のソングによるミニコンサート。林光、萩京子という座付き作曲家だけではなく、シューベルト、シューマンなども入っている。


昨日のA組を拝見したが、ピアノその他担当の湯田亜希(ゆだ・あき)がとてもいい。

高めの手首からクリスタル系の音が出てきて、強い音楽なのだが、押し付けがましさが全く無い。
DSC_0702
こんにゃく座は伝統的に、林光、萩京子、寺嶋陸也と大変な音楽性の作曲家ピアニストが揃っていて、どうしてもそちらに目が行く。

湯田は当然ながらその系統とは全く違うアプローチで、私心のない音楽がまっすぐこちらに届いてくる。

ここはこんにゃく座だから、ピアニストと言えどもピアノだけを弾いていればいいのではない。アコーディオン、打楽器、手拍子、歌、それも「歩きながら」とかやらされる。
DSC_0525

そういうことが好きでも得意でも、嫌いでも苦手でも、ともかくやらねばならずご負担は随分なものだろうが、湯田は明るい表情で、それらでもポジティブな音楽を届けてくれる。
DSC_0611
それらのプレイを追っていくだけで、オペラ全体も味わえるくらい。
DSC_0726
音楽ファンの中には、芝居系、日本語ソング系などなどに臭みを感じて、もっと抽象的な器楽音楽を好む人も多くいらっしゃるだろう。

そういう方々も是非おでかけいただきたい。