5月17日に新国立劇場中ホールで「特別企画 『ジークフリート』ハイライトコンサート ― 邦人歌手による ―」というのがあります。これはちょっと楽しみ。

もちろん6月に飯守泰次郎監督自らの指揮のもと上演されるリングの「ジークフリート」本公演のプレ企画で時間も規模も短縮したバージョンです。

ぶっちゃけ白状すると、私自身は最初から「ジークフリート」は大好きで、長いと思ったこともありません。スカラで前が見えない席をいただいたときには、ほぼずっと椅子に立ってバレンボイムを見たりしていました(そういう人は結構います)。
あげくに帰って気になったところをチェックするのも、楽しみなくらいです。

まあ、どう考えても少数派ですね。

大多数の良識派や、イタリアオペラファンの方々は6時間コースは、ちょいと考えざるを得ないでしょう。

で、このハイライトコンサートは2時間コース。まずこれが何よりです。次にオーケストラ代わりにエレクトーン2台というのが面白そう。飯守先生のようなドイツ主流派の先生のお膝元でエレクトーンというのがパンチが効いています。それにパーカッションが加わると言うし。

それから、もし新国立劇場中劇場に行ったことがない方がいらっしゃったら、ここはお薦めです。大きさが良くて見やすいです。この劇場を見るだけでも是非。

そして本公演とは違う歌手の方々も、将来のスターの可能性のある方も多いですから、それを予想するのも楽しみでしょう。

ということで、意外に「本公演を2回観に行く」というこっち系の方々にとってもいいかもしれません。

~~~~~~~~

特別企画 「ジークフリート」ハイライトコンサート ― 邦人歌手による ―
siegfried_concert_316447

2017年5月17日(水)19:00 中劇場

指揮:城谷正博

ジークフリート:
今尾 滋
ミーメ:
青地英幸
さすらい人
:大塚博章
アルベリヒ:
友清 崇
ファフナー
:志村文彦
エルダ
:石井 藍
ブリュンヒルデ
:橋爪ゆか
森の小鳥:
三宅理恵