国立劇場ジークフリート初日行ってまいりました。
IMG_20170601_175856

ミーメ役のアンドレアス・コンラッド(テノール)が素晴らしいです。

ジークフリートに対して、「俺がお前を育ててやったんだぞ」と恩着せがましく迫り、兄のアルベリヒにはコケにされ、あげくに育ててやったジークフリートに殺される。容姿も醜悪。

と、いうミーメをワンフレーズだけでその雰囲気を出し、キンキンした声色が中心なのに、飽きさせずに引っ張ります。

同じテノールのジークフリート役と重なる出番が多く、下手をするとジークフリート歌手のパワーの単なる引き立て役になってしまいますし、逆はもっと変ですし。

まあ典型的な脇役の性格俳優みたいなものですが、今回のコンラッドはその歌をつい待ってしまうし、それはある面とても美しい歌なのですから、歌手としても本筋でしょう。

今が旬でバイロイトにも毎年出ているし、新国立劇場では当たり前の国際クラス常連の中でも、『現在の世界ランキング一桁』の生に接する楽しさを味わえます。