「Spotifyなどのストリーミングサービスで、ほとんどの仕事は済ませることができるようになった。CDプレーヤーはとうの昔に処分し、PCなどのディスクドライブにCDを入れることすら面倒でリッピングも、ほとんどご無沙汰」などと威張っていたが、さすがにそうも言っていられないこともある。

お会いして、せっかく頂戴したのにほっぽっておくのも失礼な話。

などなどのことで、机上に積まれているCDもたまり気味なので、とりあえず10枚ほど一気にディスクドライブに入れた。こんなことが根性入れないと出来ないのだから情けない。
P1050675
で、次に10枚通して聴くわけにもいかない(正月は正月で結構やることもある)ので、シャッフルして時間の許す限り流した。これも失礼な話ではあるが、まあほっとくよりはいい、とさせていただいて。

近藤譲さんの合唱曲の後に、渡辺玲子さんの弾く「愛の挨拶」がでてきて、その後に小町碧さんのイギリスの現代作品、そしてアントネッロのヴァン・エイクと続くのだから飽きている暇がない。

西川竜太さん指導の合唱団はアマチュアが多いと思うが、あのど難しい近藤譲さんの合唱曲が、よくこんなに歌えるものだ。