東京現音計画は、色々な会のやり方を組み合わせているが、今回は「一人の作曲家にプログラミングを託すコンポーザーズセレクション、4回目にして遂に近藤譲を迎える念願の一夜」。
DSCN2705
普通の作品展だと、その作曲家作品がずらりと並ぶが、このシリーズだとその作曲家が選ぶ他の作曲家作品も出てくるのが興味深い。

近藤譲さんが選んだのは、ジェイムズ・テニー 、カルロス・サンチェス = グティエレス、モートン・フェルドマンでフェルドマン以外はなかなか聴ける機会もなく貴重。
TGK09_flyer_omote_web-e1508718233904
ご本人の新作ももちろん楽しみ。

会場の台東区生涯学習センター2Fミレニアムホールは、純クラシックファンにはあまりお馴染みでないかもしれないが、300席で結構お安く借りることが出来て、現代音楽などでは杉並小に準ずるくらい使われている。

まる1日借りて約10万だが、夜9時までと10時までの2コースあり約1万違う、などという渋い選択肢もある。退出9時というのはなかなか厳しく、その場合は「6時半定刻開始でさっさと鬼のように進行し、できれば演奏テンポも早めで、事後の面談などお断りで怒涛のように引き上げる」ということだろうか。

もちろん、この日は7時開演だし「10時までコース」でしょう。

レポートはnoteに書きました。)
~~~~~~~
予約・問い合わせ:東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)
チケットオンライン:http://www.purple.dti.ne.jp/naya/tickets/
メール:nayac@mc.point.ne.jp
フリーダイヤルでのご予約:Confetti(カンフェティ)0120-240-540(平日10:00〜18:00)