恒例の行事のように、フォルジュルネ東京では梁美沙(ヤン・ミサ)の会にうかがっています。
201_print_franziska_strauss_79A1854_c1
今年はまずは、昨日のモーツァルトの2曲のソナタ、ホ短調とニ長調にお邪魔しました。

少なめのヴィブラートで清潔ですが、凄みもある。凄みもあるが「魂の深淵を覗き込むような」といった大げさな言葉使いは似合わない、といった、いいバランスのところに音があって、楽しめますし、楽しいだけでもない、という彼女らしい演奏で、堪能いたしました。

特にニ長調のフィナーレの出だしはデリケートで神経質過ぎず、聞きものです。

本日も、東京芸術劇場でこのモーツァルトと、シンフォニア・ヴァルソヴィアとのスコットランド幻想曲があります。

室内楽も熱心な彼女は、自身メンバーのトリオ・レ・ゼスプリでブラームスとドヴォルザークの新盤を出しています。こちらもどうぞ。
579