大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ2018がもうすぐ開かれます。2000年から3年に1度開催されている国際芸術祭で、北川フラムさんが総合ディレクター。その後北川さんは瀬戸内、北アルプス、奥能登などなどでも国際芸術祭ディレクターをやっておられますから、それだけをとっても越後妻有の成功がどれほど大きなものだったかがわかるでしょう。
PC_toppage_JPN
基本的には美術を中心とした総合芸術祭ですが、今回はこのような大型音楽イベントも開かれます。

~~~~~~~~~~~~~

大地の芸術祭2018 オープニングコンサート  無常の中に 希望を奏でる 新たな調べ

小林武史:交響組曲『 円奏の彼方(Beyond The Circle) 』~based on 柴田南雄「ゆく河の流れは絶えずして」~

2018年7月28日(土)
2018年7月29日(日)
開場15:00/開演16:00 所要時間:約1時間半(予定)

越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館「段十ろう」(新潟県十日町市本町一丁目上508番地2)

出演 :小林武史/安藤裕子、桐嶋ノドカ、Salyu、TOKU/寺岡清高(指揮者)、他

以下、小林武史さんのお言葉です。

「柴田南雄さんの作品をあらためて観て、ある種の” 触媒” のようなあり方を感じたんです。柴田南雄という人にはインスピレーションを表現する天才的な表現者の部分もあるのですが、日本/欧米、日本/アジアなどを世界を相対化して考えた音楽の研究者という” 知” の側面があった。『ゆく河の~』という彼の作品はそんな彼の音楽を通した” 旅” であったと思うんです。鴨長明をはじめとした先人たちが辿った” 知の旅” ですね。僕らの時代はいよいよAI が登場するまでになって、でも一方では東日本大震災のように自然の前ではまだ無力であることを思い知らされたりもする。そんな” 無常” という大きなベクトルのなかで鴨長明が感じたこと、それを継いで柴田南雄さんが作った交響曲。それらを経ていま僕がそのバトン受け継いでいるんだと思う。『大地の芸術祭』の場でこの公演を勧めてくれた北川フラムさんもそのバトンを受け渡してくれたひとりです。僕のこの交響組曲は、そういった先人からのバトンに共振した感性の旅行記のようなものだと感じています。」 

http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20189728_0729