本日から日生劇場で東京二期会モーツァルト「後宮からの逃走」です。

GPを拝見しましたが、相当面白いです。

まず歌手が充実している。長丁場でもパワーが落ちずにエネルギー感に満ちています。

ギー・ヨーステンの演出も深みがあるといいますか、じっくりと味わいたくなるドラマ性があります。どこをとっても相当に作り込まれているのでしょう。

会場が日生劇場なので、細部までよく見えて大劇場ではありえない一体感に包まれます。

音楽は、もう数小節目からシンバルやらトルコ系打楽器がじゃんじゃん鳴って楽しい。

どうぞお楽しみください。
P1140873