いよいよ新国立劇場の委嘱初演オペラ西村朗作曲「紫苑物語」と二期会によるフランス国立ラン歌劇場との共同制作黛敏郎作曲「金閣寺」の両公演が目前となってきました。
header_kinkakuji2019
紫苑物語は1800席の新国立劇場オペラパレスで4日間、金閣寺は2300席の文化会館で3日間ですから、どちらもほぼ総数7000席の大型チャレンジです。

現代音楽、邦人作曲家という2つの苦難要素があってのこのキャパは以前だったら考えられませんでした。何らかでやられても「客は入らなくて当たり前」といった言い訳やら、あきらめが目立ち、関係者とごく少数のこういうものにだけ興味を持つマニアが勝手にやっているもの、という趣が感じられました。

それが紫苑物語の方は大野和士監督が、取り憑かれたようにあの手この手で意義、意味、面白さのアピールを続け、金閣寺の方も宮本亜門演出と主要日本人歌手がフランスの国立名門オペラに先行出演し、その凱旋もかねての公演となり、関係スタッフがその流れで獅子奮迅の活躍を見せています。
P1070620
それやこれやでマスコミ露出もずいぶんと行われ、なかにはチケット入手困難な日まででてきたようで、誠に祝着です。

金閣寺原作の三島由紀夫に極めて近かった笈田ヨシが演出で紫苑物語に参加したり、大野和士が新シーズンでマイスタージンガーに起用している林正子が金閣寺にでていたり、まさに日本の天才秀才鬼才あげての両作品です。

日本的題材ですが、美術系スタッフはどちらも外国勢によるものですし、フランスとの共同制作の金閣寺はもちろんのこと、紫苑物語も海外輸出も検討されるなど国際性にも事欠きません。金閣寺の指揮者マキシム・パスカルは世界でも最も注目されている若手の一人でしょう。

こういうことが普通に行われるようになった、とは言っても貴重な機会であることに変わりはありません。見逃したら大変です。どうぞお立ち会いください。