濱田芳通先生率いるアントネッロが、本日、レオナルド・ダ・ヴィンチと音楽との関係をテーマにしたレクチャー付きコンサートを開催します。既報のとおり、アントネッロは今年8月14日(水)〜17日(土)、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念して「ダ・ヴィンチ音楽祭in川口」を開催しますが、このコンサートは音楽祭にもつながるものです。

<<軽暖の候、いかがお過ごしでしょうか。
来たる3/14(木)、アントネッロではレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念した演奏会を催す運びとなりました。レオナルド・ダ・ヴィンチは楽器演奏や楽器の考案、音声学の研究、王室主催の祝祭イベントをプロデュースするなど、音楽の分野でも大きな成果を残しました。今回は、美術史家/東京造形大学教授の池上英洋氏によるレクチャーを交えながら、ダ・ヴィンチと音楽の関係に迫ります。ご都合よろしければぜひお運びくださいませ。ご来場を心よりお待ち申し上げます!
アントネッロ 代表 濱田芳通>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□■ レオナルド・ダ・ヴィンチと音楽の関係についてもっと知りたい!
  レクチャー付きコンサート「レオナルド・ダ・ヴィンチと音楽」 □■

日  時:2019/3/14(木)19時開演(18時30分開場)
会  場:豊洲シビックセンターホール 
レクチャー:池上英洋(美術史家 東京造形大学教授)
出  演:阿部雅子 ソプラノ
     中嶋克彦 テノール
     天野寿彦 リラ・ダ・ブラッチョ
     石川かおり ヴィオラ・ダ・ガンバ
     西山まりえ チェンバロ/ルネサンス・ハープ
     濱元智行 パーカッション
     濱田芳通 音楽監督/リコーダー/コルネット

プログラム:栄えある乙女マリア(フランキーノ・ガッフーリオ)
      Gloriòsæ Virginis Mariæ (Franchino Gaffurio)
      ラララ、ヤギの首がはねられた(パオロ・スコット)
      Turluru la capra e moza (Paolo Scotto)
      愛は喜びを与えてくれるか(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
      Amore la sol mi fa (Leonardo da vinci)
      他 
     ※演奏曲は変更になる場合がございます。

公演詳細:アントネッロHP 

ダウンロード