今、ウィーン、ミュンヘンあたりをうろうろしていますが、 なんせ暑いこと。

「日本と違って湿度が低いから」だの「朝晩はぐっと涼しく」 とか全部ウソです。バカ暑いし、室内では洗濯物が乾かないほど 湿度もたっぷり。

添付のデータのように35度前後のようですが、体感温度はもっと高い。

スクリーンショット 2019-06-28 4.39.16
今は、長木誠司さんや加藤浩子さんもドイツとかのはずですが、 さすがの両先生も暑さの話題が多い。(ミラノは40度らしい。)

音楽会場の紳士淑女もタンクトップだのTシャツ1枚が多くて、 プログラムをうちわにして扇いでいる人が多いので、うるさいです。

またそのなかで、ウィーンオペラはチョン・ミョンフンのオテロ新演出、コンツェルトハウスはクルレンティスが新コンビの南西ドイツ放送オケとショスタコのレニングラードとか、特に暑苦しそうなものばかりを拝聴。ま、自分で選んでるんですが。

エアコン不備なところも多いし、東京の33度くらいに早く帰りたい。夏でも長袖重ね着で気味悪がられるほどの冷房嫌いの私が言うのですから、その程度もご想像いただければ。