来週も豊洲シビックセンターホールに続けて通います。ジャンルを問わずここでの公演に行くことが増えてきました。

見晴らし景色が良くて広々とした感じで、特に全自由席だったりするとそれだけで行くのが楽しみになったりします。地下鉄の駅とつながっていますし。

ファツィオリのピアノがあって、それも売り。そういう目玉があると、それは簡単には貸していただけず、「練習ではだめ」だの「現代音楽なら他のにしてください」だの言われることがありそうですが、ここはちゃんと中川俊郎先生がすね毛まで出す川島素晴作品でもファツィオリが使われていました。
DSC_0855
さて来週うかがうのは、まずは鈴木陽子作品展「鳥獣戯画」。vol.13だそうですが、私は初めてうかがいます。
64688504_2269096783175519_8264932518336135168_n
翌日は高橋アキさんの恒例のリサイタル。アキさんもファツィオリがお気に入りなのでしょう。いつものようにシューベルトと現代もの。シューベルトの珍しい変奏曲とか現代でも鈴木治行作品とか、ちゃんと新たなチャレンジも含まれており、それと我らオールド20世紀現代音楽ファンにとって懐かしい一柳「ピアノ・メディア」、クセナキス「ヘルマ」とバランスもとってくださっています。
20191024-01_page-0001
両日とも全自由席なのがブラボーです。