新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしく、お願いいたします。

昨秋オープンした大阪府堺市のフェニーチェ堺。

設計が新国立劇場と同じ柳澤孝彦さんですから、大ホールの雰囲気は新国立劇場とよく似ています。ホールと劇場で違うはずですが、やはりそこはね。

2000席の大ホール以外に300席の小ホールも有り、
年末にはその小ホールで3日間の武満徹フェスティヴァルが開かれたりもしていました。

私は、それにはうかがえなかったのですが、プログラムを拝見してその立派さにびっくり。
20200101_173549小
デザイン装丁も美しいですが、内容がすばらしい。

杉山洋一さん小味渕彦之さんによる各作品の詳細な解説、小野光子さんによる武満徹さんご本人の経歴。略歴もここまでくると完全に著者の作品という感じがします。Text by Mitsuko Onoと明記されていましたが、当然でしょう。

これらが全部英文まであるのです。それからソングの歌詞など。

オープニング企画の気迫も見えますし、結果的には国境も時代も超えて残り、使われる資料になっています。

忙しいオープニングシリーズ中にホールスタッフは、よくぞ頑張ったものです。行った方が近くにいらっしゃったら見せてもらうといいですよ。