古稀が近づいてきたチョン・ミョンフン。

どこのポジションをどうしたこうしたという時期は過ぎて、最近は一つ一つの会を一期一会として更なる高水準で連ねている印象が強い。

特にオペラは別格の感すらある。

ウィーンのオテロもすごかったし、スカラの椿姫は、モーストリー・クラシック2019年ベストコンサート回顧で許光俊さんが以下のように述べておられる。

「チョンが指揮するスカラフィルの美しすぎる「トラヴィアータ」を聴いたら、もう日本では、あるいはミラノ以外では一生イタリアオペラに行かなくていいと思った。」

まあ「日本では」というのはともかく、要するに別格だったということだ。

そのチョン・ミョンフンのカルメンがもうすぐある。必見だ。

〜〜〜〜〜〜
オペラ演奏会形式
ビゼー/歌劇『カルメン』

2月19日[水]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール

2月21日[金]19:00開演
サントリーホール

2月23日[日・祝]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:チョン・ミョンフン
カルメン(メゾ・ソプラノ):マリーナ・コンパラート
ドン・ホセ(テノール):キム・アルフレード
エスカミーリョ(バリトン):チェ・ビョンヒョク
ミカエラ(ソプラノ):アンドレア・キャロル
スニガ(バス):伊藤貴之
モラレス(バリトン):青山貴
ダンカイロ(バリトン):上江隼人
レメンダード(テノール):清水徹太郎
フラスキータ(ソプラノ):伊藤晴
メルセデス(メゾ・ソプラノ):山下牧子
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:杉並児童合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
〜〜〜〜〜〜

20200219