音楽評論家の丘山万里子さんが、ご自身でやっておられるウェブマガジンMercure des Artsに「音楽家の騒音性難聴への朗報」という記事をアップした。

これは文字通り、実際にかなりの数の音楽家の方々が悩んでおられる難聴問題で、仙台の病院でミュージシャン外来が開設されたというものだ。

外来といえば、昨今はコロナ用の発熱外来だが。

Mercure des Artsはふだんはコンサート批評記事が中心だが、今はそれがないわけだから、こういう記事が目立つことになる。

どの時点でも有用な情報だが、特に今はこういう記事を熟読してみてください。
P1240306 (1)