作曲家川島素晴さんのリサイタルシリーズの第2弾として「無音」が来る8月1日に開かれます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

川島素晴 plays … vol.2 “無音”
2020年8月1日(土)午後4時4分33秒開演(午後3時開場)午後6時終演予定
旧東京音楽学校奏楽堂(台東区上野公園8-43 JR上野駅公園口より徒歩10分)
 
入場料 一般2000円 学生1000円

*入館者情報の管理や諸連絡のため、チケットは全てメールによる事前申込制と致します。
申込先:川島素晴 actionmusic@ktj.biglobe.ne.jp
件名に「8/1入場希望」と明記の上、氏名、一般か学生かを含めたご来場人数を記入して上記アドレスに送信して下さい。折り返し、入金方法、ご来場に際してのご注意、入館者に義務付けられるチェックシート等をお知らせします。

 <第1部「4’33” まで」>
・アルフォンス・アレー(1854-1905)/
 偉大な聴覚障害者の葬儀のための葬送行進曲(1897)
・エルヴィン・シュールホフ(1894-1942)/
 《5つのピトレスク》より第3曲「未来にて」(1919)
・イヴ・クライン(1928-1962)/交響曲「単音−沈黙」(1949)
・ジョン・ケージ(1912-1992)/4’33”(1952)
<第2部「4’33” 以後」>
・ラ・モンテ・ヤング(1935- )/Composition 1960 #6
・リゲティ・ジェルジ(1923-2006)/
 デヴィッド・チュードアのための3つのバガテル(1961)
・ジョン・ケージ(1912-1992)/Song Books(1970)より
・杉山隼一/視覚音楽 I (2015)
・松平敬/心の中で歌う(2020/舞台初演)
・ささきしおり/ユビキタス "S"(2020/委嘱作品初演)
・川島素晴/Exhibition 2020(2020/初演)

<出演>
無音:川島素晴
アンサンブル東風(アレー、クライン、川島作品賛助出演)
Fl:姫本さやか Cl:大成雅志 Fg:依田晃宣 Hrn:堂山敦史
Vn:花田和加子、古川仁菜 Vla:中島久美 Vc:松本卓以

 〜〜〜〜〜〜〜〜

このシリーズ第1弾の「肉体」が開かれたのが2020年3月24日。いろいろなものが止まる直前でした。
P1260044
そしてこの8月1日は会場の旧東京音楽学校奏楽堂の一般利用が再開される日だそうです。

自粛直前に「肉体」で終わって、「無音」で再開と、台本を事前に書いてもこんなにうまくいかないだろう、というくらいのタイミングと内容。

まあ、そのあたりが川島素晴さんの最大の個性でしょう。作曲家は作品内容、演奏家は演奏内容を気にするのは当然ですが、いずれも会全体では100の要素の中の一つ。コントロールできないところにも個性は出るのはこわいですね。

感染状況の流れによってはさらなる自粛要請も無いとは言えませんが、それもまた個性ということになるでしょうか。