平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

ラジオ

 ネトレプコの「アイーダ」、クルレンツィスの「ティートの慈悲」 24b高音質放送の体験キャンペーンも開始   ハイレゾに迫る24ビット高音質放送の衛星デジタル音楽放送「MUSIC BIRD」(税別月額聴取料 2,000 円~)では、 ヨーロッパ最大のクラシック・フェスティバ
『「MUSIC BIRD」  ヨーロッパ最大のクラシックの祭典 『ザルツブルク音楽祭 2017』放送決定!!』の画像

ミュージックバード クラシックチャンネルの看板番組の一つが「ニューディスク・ナビ」です。ウィークデイに毎日6時間やられていますから、主な新譜はほとんど聞くことができます。しかも山崎浩太郎先生の紹介付き、という豪華版なのですから10年続くのも当然でしょう。この
『ミュージックバードの人気番組「ニューディスク・ナビ」10 周年記念 10 年間を 3000 倍速でたどる超高速番組オンエア!』の画像

本日のラジオは、小野光子さんの2週目です。アニバーサリーイヤーに武満徹に関する大著を出された経験を経てのお話。武満さんは最後の病院の日々で、ストラヴィンスキーの3大バレーのスコアをテキストに、オーケストレーションの勉強を更にしようとしていたとか。と、いう
『武満さんが最後に勉強しようとしていたのはストラヴィンスキー3大バレーのオーケストレーション』の画像

今週と来週のラジオゲストはアニヴァーサリーイヤーに出版された武満徹大型本の著者である小野光子さん。音楽界では著名な編集者、音楽学者で、以前にもこの番組ゲストに出ていただいた。今回は、その最も大きな仕事の武満本が出版され直後で、かける音楽は同じ武満徹でも、
『「武満徹 ある作曲家の肖像 」の著者 小野光子さんをお招きして』の画像

今週のラジオは足立優司さんゲストの2週目。いよいよオープンする浦安の音楽ホールの内容紹介が中心です。300席という室内楽には理想的な大きさで、交通の便もよく条件は揃っています。あとは長期的なビジョンで展開することが容認されるかどうかでしょう。下記のメンバーが
『足立優司さん 2週目は浦安音楽ホールの出演予定者を中心に』の画像

↑このページのトップヘ