平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

ラジオ

今週と来週の「プロデューサーの部屋」は作曲家堀内貴晃さんがゲストです。ご自身の作曲、編曲作品その他ですが、ご本人のお言葉によれば<<「着替える音楽」という観点から自分にひっかかったものを選ぶ感じに。 >> とのことです。さすがに選択理由もコメントも中味がき
『「着替える音楽」という観点から自分にひっかかったものを選んでくださった作曲家堀内貴晃さん』の画像

ラジオのトークスタジオでのゲスト生演奏というのはどうも好きになれません。音楽録音用でもないスタジオで、トーク用マイクで手狭なところで不自由な演奏に、司会者だけの拍手と、「素晴らしい!!贅沢です」などという台詞がかぶっても・・・・・。と、思って当番組ではス
『朴葵姫さんによるスタジオ生レッスン、模範演奏』の画像

朴葵姫(パク・キュヒ)さんは紛れもない人気者。収録しばらく前にうかがった本番でも、全指定席なのに開場前から長蛇の列、終わればサインを求める長蛇の列、とイヤでも熱気に押されます。で、ステージもそれに応えてサービス型かと思えば、レオ・ブローウェルなどクールに
『右顧左眄しないコメントとバロックから現代への幅広い興味 朴葵姫さん』の画像

本日のラジオゲストはアルテスパブリッシング木村元代表の2週目です。ボッケリーニは、「アンナー・ビルスマ+渡邊順生著(加藤拓未編・訳)『バッハ・古楽・チェロ──アンナー・ビルスマは語る』」の付録CDから「1999年10月の『佐々木節夫メモリアルコンサート』のライヴ盤
『アルテス代表木村元さん2週目も貴重な本、音源の紹介が目白押し』の画像

本日と来週のラジオゲストは「音楽を愛する人のための出版社 アルテスパブリッシング」代表のお一人木村元(きむら・げん)さんです。木村さんは2度目のご登場。ミュージックバードの看板番組である片山杜秀先生の「片山杜秀のパンドラの箱」の書籍化などもやっておられて、
『祝アルテス10周年 代表木村元さんゲストの2週間』の画像

↑このページのトップヘ