平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

レポート

佐渡裕&トーンキュンストラー管弦楽団のムジークフェライン2日目は日曜の昼公演で15:30開演でした。このホールでのウィーン・フィルの定期公演は日曜の午前11時ですね。いずれにしても昼公演ですと、外光が入るここでは窓が明るく、私は気持ちが良くて好きです。バルセ
『ピアノ設置はアパートの階段を上げるように縦にして』の画像

佐渡裕とトーンキュンストラー管弦楽団そして辻井伸行による初日のムジークフェライン公演が無事始まりました。ドビュッシーの「牧神の午後」、プロコフィエフの第3ピアノ協奏曲、そしてベートーヴェンの7番というプログラムです。何せ、すごいぎっしりの聴衆。満席なのはも
『半端でないウィーン凱旋』の画像

ウィーンに来ています。佐渡裕さんがウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任されて、今年の9月が就任記念定期演奏会ですが、今回はそれに先立つ辻井伸行さんがゲストソリストの定期公演です。本日がゲネプロと初日で、今日明日はムジークフェラインザール、
『Tonkünstler-Orchester Niederösterreich』の画像

で、その世界トップ級のTokyoCantatクロージングコンサートに行ったら、実際はどうだったのでしょうか。やはり実際に大変なものでした。一つだけあげるならエルヴィン・オルトナー指揮合唱団響(Tokyo Choir Kyo 音楽監督:栗山文昭)によるブラームスの「ジプシーの歌」。オ
『で、その世界トップ級に行ったら』の画像

連休中のフェスティヴァルでは、トリフォニーの東京カンタートびいきの私も、5月2日は有楽町のフォルジュルネにも一枠だけお邪魔してきました。151番D7の部屋でのエフゲニ・ボジャノフと酒井茜の2台ピアノの会です。会場に入ると、ピアノは通常通り2台が向き合って置
『フォルジュルネで馴れ合わない2台ピアノ』の画像

↑このページのトップヘ