平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

告知

新国立劇場でマスネ「ウェルテル」が始まりました。飯守監督時代に、ニコラ・ジョエル演出で新制作されたものです。懐かしのブーレーズ&シェローコンビのバイロイトのリング(もう半世紀近く前)時に、飯守泰次郎はブーレーズの、ニコラ・ジョエルはシェローのアシスタント
『新国立劇場マスネ「ウェルテル」が始まりました』の画像

濱田芳通先生率いるアントネッロが、本日、レオナルド・ダ・ヴィンチと音楽との関係をテーマにしたレクチャー付きコンサートを開催します。既報のとおり、アントネッロは今年8月14日(水)〜17日(土)、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念して「ダ・ヴィンチ音楽祭in
『本日豊洲にてレクチャー付きコンサート「レオナルド・ダ・ヴィンチと音楽」』の画像

前回触れた邦人オペラの隆盛ですが、それは東京の話。今月福島県白河市ではまた別の楽劇の初演も行われます。よく話題に出る白河市コミネス館長志賀野桂一(しがの・けいいち)作・演出の「影向(ようごう)のボレロ」。作者であり公共ホールの責任者でもある彼は必要なとこ
『3月24日は福島県白河コミネスで、志賀野桂一作、松下功〜川島素晴作曲「影向のボレロ」』の画像

本日からは東京文化会館での二期会黛敏郎「金閣寺」です。昨日GPを拝見しました。この作品は何度も観ていますが、全く別物のよう。指揮のマキシム・パスカルの作り出す音楽が雄弁で、これまで私には聞こえてこなかった音楽が溢れてきました。黛敏郎はこんな音楽を書いていた
『本日から東京文化会館で二期会黛敏郎「金閣寺」マキシム・パスカル指揮』の画像

いよいよテオドール・クルレンティスの日本公演が始まりますね。東京の3公演のチケットはとうに売り切れで「別格」という字が飛び込んでくる大阪公演のチラシを都内でも見かけたことがあります。ヨーロッパのメジャーオケのトップ奏者たちが彼の実演を見て「あまりにあざとい
『テオドール・クルレンティスの日本公演』の画像

↑このページのトップヘ