平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

告知

作曲家の吉川和夫(きっかわ・かずお)さんが仙台の聖和学園短期大学の学長におなりになった。氏は長年宮城教育大で教鞭をとられていて、そこが定年になってもまだ仙台で多少の縁は残る・・・・ことはわかりやすいが、まさか学長さんとは。でも言われてみれば人格識見から言
『吉川和夫学長、福川伸陽退団、脇園所属事務所』の画像

ワルキューレの興奮冷めやらぬ新国立劇場オペラですが、次はストラヴィンスキー「夜鳴きうぐいす」チャイコフスキー「イオランタ」の新制作2本立てです。これは今シーズンでも、最も楽しみにしていました。ワルキューレは、どちらかといえば前監督の立派なものを再演という
『新国立劇場オペラ新制作2本立て ストラヴィンスキー「夜鳴きうぐいす」チャイコフスキー「イオランタ」』の画像

何かと話題の東北新社だが、わがクラシック業界で、東北新社関連といえば、CS有料デジタルテレビ放送のクラシカ・ジャパンが昨秋まであった。オペラなどは結構マニアックなものまで字幕付きで放送されていたから、お世話になっていた方もいらっしゃるだろう。昨秋、そのクラ
『「クラシカ・ジャパン・プラス」あっという間に終了』の画像

せたがやパブリックシアターで、こんにゃく座創立50周年記念林光作曲オペラ「森は生きている」吉川和夫オーケストレーション版の舞台が開きました。コロナの影響で青息吐息の小オペラ団ですが、いつもより大きな世田谷パブリックシアターで、いつもより大きな器楽をつけて、
『せたがやパブリックシアターこんにゃく座 林光作曲オペラ「森は生きている」吉川和夫オーケストレーション版始まる』の画像

本日からいよいよ東京文化会館で、東京二期会「タンホイザー」。GP拝見しましたが、幕が開いた瞬間に「あー、よほどの演出家なんだろうな」という実感が押し寄せます。トーキョーリングをやったキース・ウォーナー。代役というには豪華なセバスティアン・ヴァイグレの指揮も
『本日から二期会「タンホイザー」』の画像

↑このページのトップヘ