平井洋の音楽現場通信

クラシック系音楽の現場から。大きく動いているその視聴メディアの話題も。スマホ、SIMカード、ハイレゾ、カーオーディオ・・・・・・

平井洋の音楽現場通信 イメージ画像

告知

本日から東京上野の東京文化会館で東京二期会によるワーグナー「ローエングリン」が始まります。私は個人的にはローエングリンは最初は食わず嫌いで、何となく、きれいだけど長く漫然としているのだろう、と思っていました。トリスタンに最初からいかれていたのとはえらい違
『本日から二期会「ローエングリン」本番』の画像

2018年2月21日からは東京二期会のローエングリンです。指揮=準・メルクル、演出=深作健太のコンビ。先年行われたこのコンビによるシュトラウス「ダナエの恋」が好評だったのでしょう。そんなに間も置かずにワーグナーでのリピートとなりました。オペラで他ジャンルを専門と
『深作健太の熱いローエングリン』の画像

六本木俳優座でのこんにゃく座オッフェンバック「天国と地獄」に行ってきました。晩年の未完だった「ホフマン物語」と違って、こちらは一応完成された作品のはずですが、それでも、他人の編曲やら様々なバージョンやら、本人すら色々な説がある改変していたり、その胡散臭さ
『こんにゃく座オッフェンバック「天国と地獄」始まりました』の画像

細川俊夫「松風」に続いて景気のいい話。萩京子たち5人ピアニストによる「Over The Piano 2018 」も1日2回公演で昼の部はもう売り切れ、夜の部も残席僅少らしい。200席のルーテル市ヶ谷とはいえ、おめでたい話。こんにゃく座系の、普段は伴奏というイメージの方が集まってや
『萩京子たち5人ピアニストによる「 Over The Piano 2018 」も1日2回公演で昼の部はもう売り切れ、夜の部も残席僅少』の画像

来週末、新国立劇場で行われる細川俊夫作曲オペラ「松風」の券売状況が大変にいいらしい。土曜17日公演はもう入手不能状態で、他もそれに近づきつつあるようだ。一般的にはオペラでも現代音楽はメイン劇場ではなく、中劇場か小劇場、へたをすると「リハーサル室にて」などと
『来週末、新国立劇場で行われる細川俊夫作曲オペラ「松風」の券売状況が大変にいいらしい』の画像

↑このページのトップヘ